成年後見制度

成年後見制度

成年後見制度とは,認知症や精神障害,知的障害などによって判断能力が不十分な方を法律面や生活面で本人のために支援する制度です。

判断能力が不十分な方を援助するために,成年後見人は,預貯金の管理や介護施設への入所契約,不当な契約の取消しなど財産管理や身上監護をよく検討して行っていきます。

成年後見制度での法定後見では,判断能力に応じて成年後見,保佐,補助として3類型に分けられます。成年後見人等は家庭裁判所によって選任されます。

そして,本人が元気なうちに将来の判断能力が衰えた時に備えて,後見人になってもらう人を決めておくという制度が任意後見制度です。

当事務所では,成年後見の申立書作成から,成年後見人就任まで対応させて頂きます。私自身、福祉の現場経験もありますので、相談も親身になってお受けいたします。

1.未成年後見について