家族信託

家族信託について

家族信託は、信託法を根拠としています。信託とは、受益者のための財産管理の一手法のことであり、家族信託を活用することで遺言や成年後見ではできなかった財産管理が可能となります。
家族信託では、自分の信じる人(家族など)に財産を預けて、目的に従って管理をしてもらいます。
家族信託で登場する人物は、委託者、受託者、受益者です。委託者というのは、財産を信用できる人に託す人で、受託者とは財産を託され、管理していく人、受益者というのは託された財産から利益を受ける人ということになります。
なお、税制面では、家族信託を設定した場合、名義が移ったかどうかは関係なく、受益権が移ったかどうかで課税されます。
信託行為というのは、信託を設定する方法で、契約により信託をする場合は信託契約で、遺言により信託をするのは遺言信託、単独で特定の財産を信託財産とする自己信託(委託者が自ら受託者となる。)があります。

● 家族信託の基礎