家族信託の基礎

 信託というのは、自分のお金や不動産といった財産を信頼する人に託して、管理運用をしてもらうという制度です。家族信託は、信託銀行が間に入るわけではなく、また投資信託とも違います。

 財産を託す人を委託者といい、委託者は財産の所有者です。財産を託された受託者は、その財産をしっかりと管理し、利益を受益者に受けてもらいます。受託者というのは、財産を管理運用したり、処分する人です。

 受益者というのは、信託された財産による経済的利益(例えば、賃料や安心して住めることなど)を受ける者です。受益者というのは、その意思表示がなくとも、当然に利益を受けることができます。

 そして、信託できる財産というのは不動産や現金、中小企業の株式などです。預貯金については金融機関にて払戻しをして現金として信託するようになります。

 委託者は、所有する財産を契約などによって受託者に託して、信託によって財産の所有権は受託者に移転します。

 受託者は、信託された財産を管理したり運用したりします。例えば、不動産であれば権利者その他の事項に受託者が登記されます。

 もし、委託者と受益者が同じであれば、自益信託であり、異なるのであれば他益信託となります。

 家族信託では、財産の管理処分する権利と利益を受ける権利とを分けることができます。例えば、父所有の賃貸不動産であるアパートを長男に信託をしたとします。この場合、委託者が父で受託者が長男ということです。アパートを修繕したり、賃料の管理をしたりするのは長男が行います。もし、父親が亡くなったとしても相続の手続きをせずに、次の受益者を妻、そして子供というように委託者である父が指定しておくことが可能です。

 このように家族信託であれば、管理運用を信頼できる人に任せて、収益は自分が希望した人が受けれるようにするということも可能となります。