不動産登記・商業登記

不動産登記

登記というのは,不動産や債権,動産,法人などの実体法上の権利関係を広く公に示しているものです。

不動産であれば,高額な財産ですから,所有者が誰かや抵当権などの担保が付いているのかどうかといったことを他の人も知る必要があります。

こういった重要なことを登記簿に記載し,他の人にも分かるようにする制度が不動産登記です。もし,不動産を購入したり,贈与された場合,名義を変えて登記をしなければ所有者だということを第三者に主張することができません。

また、住宅ローンを完済した後の抵当権抹消も登記が必要となります。

不動産に関する手続き一覧

1.契約の解除による所有権抹消・移転登記

2.破産した抵当権者の抹消登記

商業・法人登記

企業間では,重要な契約をする前に,取引先の企業がどういった事業をしていて,役員が誰かや資本金はいくらなのかといったことを調べる必要があります。

そこで,会社の登記を見ることである程度,どんな会社かを知ることができます。もし,会社の役員が変わったり,本店所在地が変わったりすれば,期限内に登記をする必要があります。

会社の登記についてもご依頼頂ければ当方が代わりに手続きを進めていきます。

商業・法人登記に関する手続き一覧

1.NPO(特定非営利活動法人)の理事変更

2.株式会社設立の流れ

3.合同会社設立の流れ