介護保険施設以外の施設

 軽費老人ホーム(ケアハウス,A型,B型)
 割安な料金で,家庭環境や住宅事情等の理由により,居宅において生活することが困難な高齢者を入所させ,日常生活上に必要なサービスを提供する施設です。
 軽費老人ホームには,生活相談,入浴サービス,食事サービスの提供を行うほかに,車椅子生活にも配慮した構造を有するケアハウスを主として,他に食事サービスや日常生活上のサービスを提供するA型,自炊が原則のB型があります。

 養護老人ホーム
 65歳以上の者であって,環境上の理由及び経済的理由により,居宅での生活が困難な者を入所させ,社会復帰の促進や自立した生活を送れるよう必要な指導及び訓練等を行う施設です。

 有料老人ホーム(介護型,住宅型,健康型)
 高齢者に入居してもらい,入浴,排泄,食事といった基本的介護,食事サービス,洗濯,掃除サービス,健康管理を提供することを目的とする施設です。
 有料老人ホームには,ホームの職員が介護保険サービスを提供する介護型やホームは介護サービスを提供せず,入居者が要介護状態となった場合は入居者自らが外部の介護サービス事業者と契約を結び,介護サービスを利用する住宅型,ホームは介護サービスを提供せず,介護が必要となった場合に契約を解除して退去する健康型があります。

 認知症高齢者グループホーム
 認知症の高齢者が,小規模な生活の場(1単位5~9人の共同生活形態)に居住し,食事の支度,掃除,洗濯等をホームの職員と共同で行い,家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活することを目的とする施設です。要支援2,要介護1以上の者が対象です。地域密着型サービスです。医療的ケアが必要となると退去しなければいけないケースがあります。

 サービス付き高齢者向け住宅
 介護,医療と連携して,高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住宅です。住宅としての居室の広さや設備,バリアフリーなどの条件を備えるとともに,ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを提供することなどにより,高齢者が安心して暮らすことのできる環境を整えます。
 通常の賃貸借契約となるため,入居一時金という名目の費用は必要ありませんが,その代わりに原則として敷金が必要となります。その他,家賃,管理費,食費,水道光熱費,生活サービスの対価としての代金などの費用が必要となってきます。

 なお,介護保険の負担限度額認定を受けるには介護保険施設に入所したりショートステイを利用する場合です。要件に合致した低所得の方は居住費や食費の負担軽減が行われます。対象となるサービスは介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム),介護老人保健施設,介護療養型医療施設,介護医療院,短期入所生活介護,短期入所療養介護です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です