民法

支払督促

 支払督促とは、債権者が簡易迅速に債務名義を得るための手続きです。通常の訴訟手続きでは費用、時間がかかるため、書類審査のみの手続きによって強制執行の申立をすることができます。簡易迅速とはいっても、相手方が争ってくる可能性があるのでしたら、初...
会社法、商業登記

法人化について

何か事業を始めようとして、会社(法人)にするか個人事業にするかは悩むところでもあります。 個人事業は、その個人が商売をするのであれば、取引先と契約をしたり、お金の借入をするのもその個人になります。 これに対して、会社の場合、その会社とい...
民法

帰化申請

帰化申請 帰化というのは、国籍法第4条第1項に規定されています。これによりますと、日本国民でない者は、帰化によって日本の国籍を取得するとあり、永住許可とは異なっています。永住許可の場合、許可を得た後も外国人であるため、退去強制事由に該当し...
成年後見

任意後見と法定後見

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分な方を支援し、人間として尊厳をもって生活して頂くための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見とがあり、大きな違いとしては、任意後見では判断能力が低下する前に、...
会社法、商業登記

特定目的会社とは

特定目的会社というのは,資産流動化法の規定により設立された社団であり,SPCの一種ですが,株式会社や合同会社を特別目的会社として利用する場合とは異なります。特定目的会社が取得した資産として特定資産があります。特定資産というのは,資産の流動化...