民法

民法

借家の原状回復義務について

賃借人は、賃貸借契約終了に伴い建物を家主に返却する際、原状回復義務を負います。借家の場合、借地借家法に該当する規定があれば、そちらが優先され、民法に規定があっても適用されません。なお、借地借家法では、賃借人に不利な契約は無効とされています。...
民法

借家契約について

借地や借家に関する法律は、従前からあり、大正10年に借地法と借家法が制定されました。その後、平成4年8月1日に現在の借地借家法が施行され、借地法、借家法及び建物保護ニ関スル法律が廃止されました。倉敷市、児島、水島、岡山市、玉島、原状回復
民法

無権代理と相続

無権代理とは、代理権がないのに勝手に本人に代わって法律行為をすることをいいます。例えば、本人が車が欲しいと言っただけなのに、勝手に他人が自動車を本人名義で購入してしまったなどの場合が該当します。
民法

支払督促

 支払督促とは、債権者が簡易迅速に債務名義を得るための手続きです。通常の訴訟手続きでは費用、時間がかかるため、書類審査のみの手続きによって強制執行の申立をすることができます。簡易迅速とはいっても、相手方が争ってくる可能性があるのでしたら、初...
民法

帰化申請

帰化申請 帰化というのは、国籍法第4条第1項に規定されています。これによりますと、日本国民でない者は、帰化によって日本の国籍を取得するとあり、永住許可とは異なっています。永住許可の場合、許可を得た後も外国人であるため、退去強制事由に該当し...