成年後見

任意後見と法定後見

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などにより判断能力が不十分な方を支援し、人間として尊厳をもって生活して頂くための制度です。 成年後見制度には、法定後見と任意後見とがあり、大きな違いとしては、任意後見では判断能力が低下する前に、...
会社法、商業登記

特定目的会社とは

特定目的会社というのは,資産流動化法の規定により設立された社団であり,SPCの一種ですが,株式会社や合同会社を特別目的会社として利用する場合とは異なります。特定目的会社が取得した資産として特定資産があります。特定資産というのは,資産の流動化...
民法

消費貸借契約関係訴訟

お金を貸したけれど,返してくれないという事例も友人間ではまれにあるのではないでしょうか。これは訴訟にて返還請求をする場合,貸金返還請求訴訟となります。貸金返還請求の訴訟物となると消費貸借契約に基づく貸金返還請求権となります。消費貸借契約は、...
民法

印鑑証明書

司法書士が登記を申請する場合,添付書類として印鑑証明書が必要となることがあります。具体的には,売買や贈与による所有権移転や,抵当権設定などの際には登記義務者の申請意思を確認するために印鑑証明書を添付します。また、商業登記においては就任承諾書...
未分類

自己破産のメリット、デメリット

自己破産は、債務者が支払不能に陥った場合、裁判所を介して債務を免責してもらい、債務者の生活を再建するための手続きです。自己破産のメリットとしては、債務者に対して免責の許可がなされて債務の支払義務が免除されることで、これが自己破産の目的ともい...