相続・遺言

遺言書

相続というのは、被相続人(故人)が亡くなることで相続財産が相続人に引き継がれるということです。相続が開始しましたら、相続財産がどれくらいあるのか、そしてプラスの財産が多いのか、もしくはマイナスの財産が多いのかを調査します。それと共に、相続人が誰と誰なのかといった戸籍の調査も行います。

この場合、相続が開始した時期によっては旧民法(明治31年公布)が適用されたりします。

相続の際には、様々な手続きが必要となりますが、遺族年金などの社会保険事務所での手続きや公共料金に関する手続き、葬祭費の請求、銀行といった金融機関での口座の解約・払戻し、保険関係など一度にしなければならない手続きが多く、とても大変です。

ある日突然にやってくる相続問題について、一人で悩まずどうぞご相談下さい。ご依頼頂ければ、書類の収集、調査や面倒なお手続きを代わりに行います。

相続に関する手続き

1.死因贈与による登記

2.墓地の登記について

3.遺言の必要性

4.遺留分による登記

5.韓国の相続登記